勤怠管理のタイムカードには色々な方式があります

勤怠管理をするにはタイムレコーダーが必須です。
しかし、タイムカードに何を使うかによって、導入費用は大きく変わりますので、メリットとデメリットを把握することが必要です。

タイムカードには、紙のカードをレコーダーに押し込んで打刻するタイプ、スマートフォンや携帯電話をかざすタイプ、ICカードをかざすタイプ、指の静脈を使う生体認証タイプがあります。
この中で比較的安価で導入できるものは「タイムカードタイプ」と「クラウドタイプ」です。

タイムカードの勤怠管理をさらに詳しく調べてみませんか。

タイムレコーダー本体の価格も安価なので、初めて導入するには最適です。

よく利用されているT-SITE情報はこちらです。

小さなお店や企業であれば、十分に使えます。
機種によっては100人対応などもあるので、従業員が多くても安心です。クラウドタイプは無料で使えるものもありますので、お金をかけたくないときに最適です。

高価なのは「生体認証タイプ」で、認証用機械の導入が必要になります。


こちらはタイムカードの不正利用も防げますので、勤怠管理だけではなくセキュリティの強化にも繋がります。
導入時の費用はかかりますが、紙のタイムカード方式のように、カードやインクリボンなどの消耗品を購入する必要はありません。

どのタイプも職場によって合う・合わないがありますので、導入の際には色々なタイムレコーダーを試してみることが重要です。

クラウドタイプや生体認証は、別途ソフトやシステムを購入することもあります。



また、構築費や保守費も必要になることも考えられますので、申し込みの際は商品説明をよく読みましょう。