厳密な勤怠管理で得る信頼

勤怠管理の基本的な考えは出勤時と退社時に社員が打刻を行っていき、その記録を集計することによって勤務時間を割り出せるようにするというものです。
その勤務時間によって給与計算が行われたり、昇進や昇給に用いる資料としたりするのが一般的であり、社員にとっては自分の収入や地位に直結する重要なものとなります。
そのため、正しく勤怠管理が行われているということが社員からの信頼を得ることにつながります。
遅刻や早退が多い人と時間通りに働いている人とが同じように扱われてしまっていると、それだけ不平不満が生じやすくなります。

マイナビニュース情報選びを親身になってアドバイスいたします。

そういった点も考慮して厳密性の高い勤怠管理を行っていくことが必要とされるようになっているのが事実です。

勤怠管理に関する詳細はこちらです。

出勤簿への記録の仕方として30分単位や1時間単位の打刻というのが比較的広く行われていましたが、厳密さへの要求から1分単位での打刻という形がより現場に即しているということも多くなってきています。
それによってより厳密に勤務時間を評価できるようになり、より適切な勤務時間で働いていることを評価してもらったり、より長く働いて残業手当がもらえるということを見てもらいたかったりするという現場の声が反映されやすくなるからです。



給与計算において計算が煩雑になるものの、表計算ソフトを利用できるようになってからはその心配もなくなってきています。


より厳密な勤怠管理を行うことで社員の信頼を獲得することを重要視すべき状況となっています。